両親が家を建てた時に、新築の家で暮らしました。

新築の家で暮らした思い出

新築の家で暮らした思い出

両親が家を建てた時に、新築の家で暮らしました

● 女性 31歳
両親が家を建てた時に、新築の家で暮らしました。
それまでは古い借家で、自分の部屋というものもなかったのです。
新築一戸建ては、両親のこだわりが詰まった家で、そのころは正直「もっとこうだったらいいのに」という思いもありました。
特に家の外観については、洋風のおしゃれなおうちだったらよかったのにと思ったりもしましたが、新しい家での生活はやはり快適でした。

リビングダイニングは広く、家族で過ごしやすい空間でしたし、もちろん自分の部屋もありました。
収納がしっかりとしていることで、余分なものがその辺に散らかっているということも少なくなりました。
新築の家の新しい匂いもとても嬉しくて、どこもかしこもピカピカで、すごくいい気分になれたことがすごく印象に残っています。友人を自宅に招くのも楽しくて、家で過ごす時間が増えたように思います。
まだ私は新築の家を購入するに至ってはいないのですが、やはりいつかはと思っています。
Copyright (C)2017新築の家で暮らした思い出.All rights reserved.