新築物件で暮らし始めるドキドキ感、ワクワク感を今一度思い出したいと思います。

新築の家で暮らした思い出

新築の家で暮らした思い出

新築物件で暮らし始めるドキドキ感

● 男性 39歳
新築物件で暮らし始めるドキドキ感、ワクワク感を今一度思い出したいと思います。
両親が頑張ってくれたおかげで、私は人生で二度ほど新築物件から住み始める感動を味あわせてもらいました。
もちろん建築中の家に何度か足を運んだ事もあります。そして新築物件に今日から住み始めるぞ!という日。まず引っ越しの荷物が届いてない時から、兄弟と一緒に、それも夜遅くに新築の家に入りました。
ガラーンと室内はとても声が響くのです。
何もモノが置いてないからそれだけ音が反響するんですよね。無駄に声や音を出して反響を楽しみました。
すぐに近所迷惑になっているかもしれないと気づいてやめましたが、たわいもない発見に感動しました。
これは新築ではないとなかなか味わえないですね。
どこもかしこもピカピカしている、そして新築の家独特のまっさらな匂い、新しい水回りやIHクッキングヒーターなどにいちいち感動していました。
そういえばそのとき我が家では初体験のテレビドアホン。未来に来たような感動がありました。
そして住み始めると、トイレに入っても、お風呂に入っても新築だという感動が押し寄せます。なるべく汚さないように注意し、もちろん壁やドアもあまり傷つけないようにしていました。

でもそれもいつからかあまり気を使わなくなってしまい、あの感動を忘れてしまうのですね。
新築体験するには、なかなか出来る事ではありませんから、その体験はいつまでも大切にしたいと思いますし、だからこそ思い出になるのかもしれません。
Copyright (C)2017新築の家で暮らした思い出.All rights reserved.