私が3歳の頃に両親が新築の家を購入してそこに住み始め、それ以来ずっとその家に住んでいます。

新築の家で暮らした思い出

新築の家で暮らした思い出

私が3歳の頃に両親が新築の家を購入してそこに住み始め

● 女性 36歳
私が3歳の頃に両親が新築の家を購入してそこに住み始め、それ以来ずっとその家に住んでいます。もちろん自分では引っ越した思い出もなく、物心ついた時からその家に住んでいるので「新築の家」という思いでもありません。
その後一人暮らしをしている時や結婚してからは賃貸のマンション住まいでしたが、どれも新築ではなかったので、子供が生まれマイホームを考え出すと、やはり新築の一戸建てを購入したいと思い、注文住宅で家を建てました。
注文住宅なので家の間取りから外観、設備など全て自分たちで決めることができ、設計士さんと一緒に作った家が形となっていく過程を見るのはとても楽しいことで、更地の状態から3ヶ月ほどで家が完成して、中に入ってみた時は感慨深いものがありました。

引っ越して生活し始めると新築の家も徐々に生活感が出て汚れなども出るのですが、やはりすべてが真新しく自分たちの希望通りの家で暮らすということはとてもうれしいことで、多額の住宅ローンを背負うことにはなりましたが、新築でマイホームを建てたことは後悔していません。
Copyright (C)2017新築の家で暮らした思い出.All rights reserved.