以前の家はかなり築年数が経過していたので、新築を建てたことがあります。

新築の家で暮らした思い出

新築の家で暮らした思い出

以前の家はかなり築年数が経過していたので

● 男性 38歳
以前の家はかなり築年数が経過していたので、新築を建てたことがあります。建設までの情報収集や建設中は、何かと細やかに気を使う必要があって大変な思いをしました。
それでも木をふんだんに取り入れた新築は木の香りがとてもして、快適な思いをしたのを今でも思い出します。
木を多く使用するとかなり高額になるようにおもわれがちですが、間伐材ならさほど費用は掛かりません。もちろん木の節目が目立ってしまいますが、節目があるのが本来の木の姿だとおもえば、全く気にならないものです。

ハウスダストが問題になり、アレルギーに悩んでいる方も多くいますが、自然の建材である木を多く取り入れれば、そのような問題は起こりにくいはずです。
しかも昔に比べると、木材も耐火性が優れてきています。建材として木を多く使用しているからといっても、火災の心配はかなり抑えられるようになってきています。より自然に近いような環境で暮らせることはとても幸せなことだと思います。
Copyright (C)2017新築の家で暮らした思い出.All rights reserved.