以前、新築の家で3ヶ月暮らしました。

新築の家で暮らした思い出

新築の家で暮らした思い出

以前、新築の家で3ヶ月暮らしました

● 男性 41歳
以前、新築の家で3ヶ月暮らしました。
いい思い出はなく、もう家を建てるのがこわくてたまりません。たぶん一生家を建てることはないでしょう。私の元妻の両親は、社宅住まいでした。

しかし、その両親の勤める会社が倒産して、社宅の立ち退き要求があったため、私が家を建て、ローンを返済していくことになりました。
いろいろと計画段階では忙しいことや面倒なことがありましたが、将来を夢見て行動するのは楽しかったです。

しかし、それまでの生活習慣や文化の違う元妻の両親と同居するということは、想像をはるかに超える苦難でした。
生活習慣の違いについていちいち指摘され、悪者扱いされ、どうして自分がローンを返済している家にこのような人たちを住まわせてやらなければならないのかと思うようになってしまいました。
そんな思いもガマンしてきましたが、それもむなしく、お前はダメな婿だと家を追い出されました。

新築の家で子供と楽しく暮らせる環境を想像していたのですが、そんな慎ましい夢も叶わぬまま終わった新築の家での生活。あのとき新築するという決断をしなければ、いまでも元妻と子供と幸せな生活が続けられたのではないかと思うのです。
Copyright (C)2017新築の家で暮らした思い出.All rights reserved.