新築の家の一番の思いでは、その匂いでしょうか。

新築の家で暮らした思い出

新築の家で暮らした思い出

新築の家の一番の思いでは、その匂いでしょうか

● 男性 50歳
新築の家の一番の思いでは、その匂いでしょうか。新しい木の匂い、畳の匂い。お日様が何ともまぶしく感じました。
初めて自分の部屋を与えられた喜びはまだ小さかったのですが、今でもはっきり覚えています。
それから、もう何十年もたっていますが、新築のアパートに入居したこともあるのですが、やはり違います。晴れやかな気分というのは、新しい部屋と言うだけではないように思います。確かに新しく入居したときも、リフォーム済みだったりしますが、それとは全く違っています。雰囲気とでも行った方が良いのかもしれませんね。その家にだんだんと自分のにおいが混ざって、住みやすさが増していく。新築の家にはそういった新しさが少しずつ折り重なって、我が家というものになっていくんだと思います。
初めて犬を飼ったのも新築の家でした。
自転車を無造作に玄関に停めて良かったのも新築の家だからこそでした。
母親にはこっぴどく怒られてしまいましたが、それもまた良い思い出のように思います。今度の連休に、家に帰ります。そんな思い出のある家に。
Copyright (C)2017新築の家で暮らした思い出.All rights reserved.