新築の家はどこもかしこもが真新しいことが、初めて入居した時の感動ではないでしょうか。

新築の家で暮らした思い出

新築の家で暮らした思い出

新築の家はどこもかしこもが真新しいことが

● 女性 42歳
新築の家はどこもかしこもが真新しいことが、初めて入居した時の感動ではないでしょうか。新築住宅特有の建物自体の新しい匂いも、初めて家に入った時の思い出になるのではないでしょうか。それまでの賃貸住宅とは違い、家が自分の持ち物になった、自分の資産になったという思いがのしかかります。それは、責任でもあり、家という一つの財産を持ったという喜びでもあります。
また新築の家では、これから一緒に過ごす家族の成長と共に歩んでゆくことになります。新しい家で家族と笑い、時には泣き、時には喧嘩をすることを、毎日繰り返してゆきます。またインテリアも自分の好みにすることができます。賃貸住宅の時には、壁紙一つ自分の好みのものに換えることはできませんが、新築住宅ならそれが出来ます。家を新しく建てることは、自分好みの部屋の間取りや仕様に作ることができるのが最大のメリットでもあります。新築の家では、これから共に過ごす家族との幸せな思い出とともに、年月を過ごしてゆくのです。
Copyright (C)2017新築の家で暮らした思い出.All rights reserved.