新築の家を購入したばかりの頃、新しい環境に非常にわくわくしていました。

新築の家で暮らした思い出

新築の家で暮らした思い出

新築の家を購入したばかりの頃

● 男性 34歳
新築の家を購入したばかりの頃、新しい環境に非常にわくわくしていました。
新しい家の匂いが素敵で、きれいでまっさらな家に入ると、これからの暮らしがとても楽しくなりそうで期待が膨らみました。

購入した土地は分譲地で、私が一番先に住宅を建てたので、それ以外の分譲地にどのような家族が来るのか非常に気がかりでした。
特にお隣さんについては、関わりも深くなるので、気まずい相手でないか心配でした。
新築を手に入れたうれしさとともに、新たに建築されるお隣さんや、近所の人の人柄を想像すると、とても気になる状態が続きました。

数ヶ月後に同じ分譲地も徐々に新築で埋まっていきました。
新たな住人が引越しの挨拶をしにきましたが、みな人柄の良い感じで、とても良い印象をうけました。
気になるお隣さんも、私よりも年配で落ちつきのある感じの人で、好印象をうけました。
新たな土地に引っ越してくる時は、楽しみな気持ちとともに、人間関係が非常に気になってしまいます。
Copyright (C)2017新築の家で暮らした思い出.All rights reserved.